お知らせ

『After/Withコロナの「国際日本研究」」―ヨーロッパからの報告』

『After/Withコロナの「国際日本研究」」―ヨーロッパからの報告』

■出版年月日:2022年3月31日

■著   者:「国際日本研究」コンソーシアム 編

             (荒木 浩、白石 恵理、松木 裕美、ゴウランガ・チャラン・プラダン)

■発     行:国際日本文化研究センター(非売品)

 

本書は、コロナ禍発生から1年となる2020年12月に開催された 「ヨーロッパ日本研究学術交流会議––緊急会議 After/Withコロナの「国際日本研究」の展開とコンソーシアムの意義」の記録である。日文研とヨーロッパをリモートで結び、各国の日本研究者が対話を繰り広げた。未曾有の事態を受けて「日本研究」にいかなる展望を見出すことができるのか。「国際日本研究コンソーシアム」による学術連携にはどのような可能性があるのか。いまだ終息が見えないコロナ禍を俯瞰するグローバルな歴史の証言であり、未来へ向けた論集といえる。

こちらの書籍は、日文研オープンアクセスにおきましてオンラインでも公開しております。
https://nichibun.repo.nii.ac.jp/

 

一覧へ戻る