お知らせ

共同研究報告書『戦後日本の傷跡』を刊行しました

共同研究報告書『戦後日本の傷跡』を刊行しました

『戦後日本の傷跡』

傷跡――いまだ終わらない、完結しない過去、癒しがたく忘却することのできない経験が現在に息づく、現在進行形の語りによって語られる、過去の時間と現在の時間が交錯する場所。戦争経験の傷跡を生き続けたアジアと日本の戦後社会を考察した24本の論考を収録。

編集       坪井秀人

発行       臨川書店

発行年月日           2022.02.28

ISBN番号           978-4-6530-4517-5

日文研オープンアクセス

 

一覧へ戻る