【奨学金情報】Funded MA Research, University of Alberta, Canada.

「国際日本研究」に関する国内外のニュースサイトやメールマガジンから、耳寄りな情報をピックアップしておしらせします。

 

(*リンク先の記事は外部サイトのものになります。よろしければ下記リンク先のURLをクリックして下さい)

 

 

奨学金情報】University of Alberta (in Edmonton, Alberta, Canada) invites applications for funded MA degree in East Asian Studies.

 

The student’s interested premodern Japanese literature as well as other East Asian areas are encouraged to apply.

 

For further information, please visit the graduate pages on our website:

 

https://www.ualberta.ca/east-asian-studies/graduate-program

 

 

Or contact Dr. David Quinter at

quinter@ualberta.ca

【原稿募集】 CSP Studies in Modern East Asian Religion and Culture (MEARAC) calls for Book Proposals in Modern East Asian Religion and Culture.

「国際日本研究」に関する国内外のニュースサイトやメールマガジンから、耳寄りな情報をピックアップしておしらせします。

 

原稿募集The CSP Studies in Modern East Asian Religion and Culture (MEARAC) invites book proposals related to phenomenological, comparative and transnational studies in Buddhism, Confucianism, Taoism, Shintoism, New Religious Movements (NRMs), folk religions, Shamanism, and Christianity in modern (from 1500 CE) or contemporary East Asia.

 

Contact David W. Kim, Series Editor for more details at davidwj_kim@yahoo.co.uk

【奨学金情報】Funded MA Research, University of Alberta, Canada.

「国際日本研究」に関する国内外のニュースサイトやメールマガジンから、耳寄りな情報をピックアップしておしらせします。

 

(*リンク先の記事は外部サイトのものになります。よろしければ下記リンク先のURLをクリックして下さい)

 

 

奨学金情報】University of Alberta (in Edmonton, Alberta, Canada) invites applications for funded MA degree in East Asian Studies.

 

The student’s interested premodern Japanese literature as well as other East Asian areas are encouraged to apply.

 

For further information, please visit the graduate pages on our website:

 

https://www.ualberta.ca/east-asian-studies/graduate-program

 

 

Or contact Dr. David Quinter at

quinter@ualberta.ca

【求人情報】2021-22 Postgraduate Fellowships in Japanese Studies at Harvard University, MA, USA.

「国際日本研究」に関する国内外のニュースサイトやメールマガジンから、耳寄りな情報をピックアップしておしらせします。

 

(*リンク先の記事は外部サイトのものになります。よろしければ下記リンク先のURLをクリックして下さい)

 

 

海外求人情報】The Edwin O. Reischauer Institute of Japanese Studies (RIJS) at Harvard University invites applications for several Postdoctoral Fellowships in Japanese Studies areas.  

 

 

Applicant Deadline: December 18, 2020 (Friday), 5pm EST

 

For inquiries, please contact:

rijspostdoc@fas.harvard.edu

 

For more details visit:

https://networks.h-net.org/node/20904/discussions/6697791/2021-22-postgraduate-fellowships-japanese-studies-harvard

【Event announcement・2020/12/11-13】
Japanese Studies in Europe: A Conference on Academic Exchange

Japanese Studies in Europe: A Conference on Academic Exchange – Emergency Conference: The Evolvement of “Global Japanese Studies” after/with COVID-19 and the Significance of the Consortium – will be held as follows.

 

Organiser: Consortium for Global Japanese Studies

Dates: Friday 11 December ~ Sunday 13 December 2020

Venue: Conference Room 1, International Research Center for Japanese Studies

Registration: Required (participation through Zoom)

Fee: Free

Target audience: Researchers (keynote lecture and report are open to the public)

Language: Japanese (English as may be necessary)

 

Programme (JST):

 

Friday 11 December

  MC: Prof. ARAKI Hiroshi (Chair, Committee for the Consortium for Global Japanese Studies, Nichibunken)

  17:00-17:10  Opening remarks: Prof. INOUE Shōichi (Director, Nichibunken)

  17:10-17:20 Explanation of objectives: Prof. ARAKI Hiroshi (Nichibunken)

  17:20-18:30 Keynote lecture: Dr. IOKIBE Makoto (Chancellor, University of Hyogo)

    Lecture title: 「コロナ後の国際関係」

    Moderator: Dr. KUSUNOKI Ayako (Nichibunken)

  18:45-19:20  Keynote report: Prof. SEKINO Tatsuki (Nichibunken)

    Report title: 「人文学研究におけるオンライン上の研究資源―現状と課題」

    Moderator: Prof. YAMADA Shōji (Nichibunken)

 

Saturday 12 December

  MC: Prof. ARAKI Hiroshi

  17:00-20:30 Panel presentations 「Reports from Europe (1)」

    Panellists and presentation titles:

      ① Dr. Edoardo GERLINI (Università Ca’ Foscari Venezia)

         「イタリアから見たコロナ禍と日本研究― 明らかになった限界と可能性について」

      ② Dr. SATO-ROSSBERG Nana (SOAS, University of London)

         「Covid-19禍における大学教育と研究――現状と今後」

      ③ Dr. IMONO Mika (University of Strasbourg)

         「コロナ禍における見えるものと見えないもの」

      ④ Prof. Dr. Andreas NIEHAUS (Ghent University)

         「面目を改める? 新型コロナウイルスとベルギーにおける日本学の現在と将来」

      ⑤ Prof. Markus RÜTTERMANN (Nichibunken)

         「日本語圏における『良心形成』の学際研究」

    Discussant: Dr. SHIRAISHI Eri (Nichibunken)

    Moderator: Prof. YASUI Manami (Nichibunken)

 

Sunday 13 December

  MC: Prof. ARAKI Hiroshi

  17:00-20:15 Panel presentations 「Reports from Europe (2)」

    Panellists and presentation titles:

      ⑥ Dr. Alan CUMMINGS (SOAS, University of London)

         「Research on the impact of Covid-19 on Japanese performing arts & music」

      ⑦ Dr. TOYOSAWA Nobuko (Czech Academy of Sciences)

         「In Response to COVID-19—Some Preliminary Thoughts about the Future from

         the Czech Republic」

      ⑧ Dr. UMEMURA Yūko (University of Budapest [ELTE])

         「ブダペスト大学における日本学研究の現状、及び感染症に対する取り組み」

      ⑨ Dr. Björn-Ole KAMM (Kyoto University)

         「Methodological Concerns of Researching Larp and Educational Roleplay in Japan:

         The (Im) Possibilities of Remote Fieldwork」

    Discussants: 

      Prof. Kiri PARAMORE (University College Cork)

      Dr. FUJIMOTO Norimasa (Nichibunken)

    Moderator: Prof. John BREEN (Nichibunken)

  20:15-21:00 Roundtable discussion

    Moderator: Prof. ARAKI Hiroshi

  21:00-21:10 Closing remarks: Prof. TAKII Kazuhiro (Vice-Director, Nichibunken)

 

Poster:

Abstracts:

Registration:

For the programme on Friday 11 December, registration is unnecessary. Researchers and members of the public are welcome to join the Zoom meeting below as observers.

  URL: (To be posted on the morning of 11 December)

  ID:  (Same as above)

  PW:  (Same as above)

 

On 12 Saturday and 13 Sunday December, researchers are welcome to participate in the conference as observers. In order to register, please send an e-mail in English or Japanese to the secretariat of the Consortium for Global Japanese Studies (cgjs*nichibun.ac.jp [* = @]) by Wednesday 9 December with the following pieces of information:

  (1) Surname and given name

  (2) E-mail address

  (3) Academic affiliation

  (4) Mode of participation (full or partial; if partial, please inform us of your tentative plan)

  (5) Number of observer(s) (if multiple, please inform us of (1) ~ (3) with regard to each observer)

 

Enquiry:

Secretariat of the Consortium for Global Japanese Studies

(Research Cooperation Unit, International Research Center for Japanese Studies)

TEL: 075-335-2073 / FAX: 075-335-2092

E-mail: cgjs*nichibun.ac.jp (* = @)

【求人情報】Applications invited for a position of Project Researcher at The University of Tokyo, Tokyo College, Japan.

「国際日本研究」に関する国内外のニュースサイトやメールマガジンから、耳寄りな情報をピックアップしておしらせします。

 

(*リンク先の記事は外部サイトのものになります。よろしければ下記リンク先のURLをクリックして下さい)

 

 

求人情報】Applications are invited from perspective candidates for a position of Project Researcher at The University of Tokyo, Tokyo College, Japan.

 

 

Application deadline: 5 PM on December 25, 2020 (JST)

 

For more details visit:

https://www.h-net.org/jobs/job_display.php?id=60597

【発表者募集】Presenters invited for “The Covid-19 Pandemic in Japanese and Southeast Asian Perspective: Histories, States, Markets, Societies” conference (Online).

「国際日本研究」に関する国内外のニュースサイトやメールマガジンから、耳寄りな情報をピックアップしておしらせします。

 

(*リンク先の記事は外部サイトのものになります。よろしければ下記リンク先のURLをクリックして下さい)

 

発表者募集】The Center for Southeast Asian Studies (CSEAS), Kyoto University, Japan invites presenters for the forthcoming “The Covid-19 Pandemic in Japanese and Southeast Asian Perspective: Histories, States, Markets, Societies” conference.

 

Deadline for applications: December 1, 2020 (JST)

For more details visit: https://networks.h-net.org/node/20904/discussions/6706624/covid-19-pandemic-japanese-and-southeast-asian-perspective

【海外博士課程奨学生募集】Ludwig-Maximilians-Universität in Munich, Germany invites applications for two PhD scholarships for dissertation projects related to Buddhism.

「国際日本研究」に関する国内外のニュースサイトやメールマガジンから、耳寄りな情報をピックアップしておしらせします。

 

(*リンク先の記事は外部サイトのものになります。よろしければ下記リンク先のURLをクリックして下さい)

 

海外博士課程奨学生募集】The Doctoral Program in Buddhist Studies at the Ludwig-Maximilians-Universität in Munich, Germany invites applications for two PhD scholarships for dissertation projects related to Buddhism

 

Deadline for applications: January 10, 2021

Start of scholarship: Autumn 2021

Duration of scholarship: 4 years

For more details visit: https://networks.h-net.org/node/20904/discussions/6628176/phd-scholarships-doctoral-program-buddhist-studies-ludwig

【開催案内・2020/12/11-13】
「ヨーロッパ日本研究学術交流会議」を開催いたします

「ヨーロッパ日本研究学術交流会議」を下記のとおり開催いたします。

 

会議名: ヨーロッパ日本研究学術交流会議 ― 緊急会議 After/Withコロナの「国際日本研究」の展開とコンソーシアムの意義 ―

日時: 2020年12月11日(金)~13日(日)

会場: 国際日本文化研究センター(日文研)第1共同研究室

    ウェブ会議システム(Zoom)併用

言語: 日本語(必要に応じて英語)

参加対象者:

 11日(金) 研究者・一般の方

 12日(土)・13日(日) 研究者

 

プログラム:

12 / 11(金)

 進行: 荒木 浩(「国際日本研究」コンソーシアム委員会委員長・日文研教授)

 17:00-17:10 開会の挨拶: 井上 章一(日文研所長)

 17:10-17:20 趣旨説明: 荒木 浩

 17:20-18:30 基調講演「コロナ後の国際関係」

  講演者: 五百籏頭 眞(兵庫県立大学理事長)

  司会: 楠 綾子(日文研准教授)

  18:45-19:20 基調報告「人文学研究におけるオンライン上の研究資源―現状と課題」

  報告者: 関野 樹(日文研教授)

  司会: 山田 奨治(日文研教授)

 

12 / 12(土)

 進行: 荒木 浩

 17:00-20:30 パネル発表「ヨーロッパからの報告(1)」

  パネリストおよび発表題名:

   1.  エドアルド・ジェルリーニ (ヴェネツィア大学)

     「イタリアから見たコロナ禍と日本研究― 明らかになった限界と可能性について」

   2. 佐藤=ロスベアグ・ナナ (ロンドン大学SOAS

     「Covid-19禍における大学教育と研究――現状と今後」

   3. 鋳物 美佳 (ストラスブール大学)

     「コロナ禍における見えるものと見えないもの」

   4. アンドレアス・ニーハウス (ゲント大学)

     「面目を改める? 新型コロナウイルスとベルギーにおける日本学の現在と将来」

   5. マルクス・リュッターマン(日文研教授)

     「日本語圏における『良心形成』の学際研究」

  ディスカッサント: 白石 恵理(日文研助教)

  司会: 安井 眞奈美(日文研教授)

 

12 / 13(日)

 進行: 荒木 浩

 17:00-20:15 パネル発表「ヨーロッパからの報告(2)」

  パネリストおよび発表題名:

   6. アラン・カミングス (ロンドン大学SOAS

     「Research on the impact of Covid-19 on Japanese performing arts & music

   7. 豊沢 信子 (チェコ科学アカデミー)

     「In Response to COVID-19 Some Preliminary Thoughts about the Future from

     the Czech Republic」

   8. 梅村 裕子 (ブダペスト大学 [ELTE]

     「ブダペスト大学における日本学研究の現状、及び感染症に対する取り組み」

   9. ビョーン=オーレ・カム(京都大学)

     「Methodological Concerns of Researching Larp and Educational Roleplay in Japan:

     The (Im) Possibilities of Remote Fieldwork」

  ディスカッサント: 

   キリ・パラモア (ユニバーシティ・カレッジ・コーク)

   藤本 憲正 (日文研機関研究員)

  司会: ジョン・ブリーン(日文研教授)

 20:15-21:00 総合討論

        司会: 荒木 浩

 21:00-21:10 閉会の挨拶: 瀧井 一博(日文研副所長)

 

ポスター:

要旨集:

 

視聴方法:

 11日(金) 研究者・一般の方

  ウェブ会議システム(Zoom)にて、会議の様子を配信いたします。

  下記のアドレスからご視聴ください(お申込みは不要です)。

    URL: (12月11日午前公開予定)

    ID: (同上)

    PW: (同上)

 

12日(土)・13日(日) 研究者のみ

  12月9日(水)までに、「国際日本研究」コンソーシアム事務局のメールアドレス

  cgjs*nichibun.ac.jp* = @)宛に、電子メールにて下記の情報をお知らせください。

  ご連絡をいただきました方々に、Zoomの接続情報をご送付いたします。

 

件名:

【申し込み】ヨーロッパ日本研究学術交流会議の参加について(○○(氏名))

メール本文:

① 姓名(フリガナ)

② 所属(例:○○大学○○学部教授、○○大学大学院○○研究科大学院生等)

③ 視聴希望日

④ 視聴人数(申込者のみ または 計○名※)

※ 複数名でのご参加の場合には、①・②を参加者毎に全員分ご回答ください。ご連絡は申込者の方にいたします。

以上

 

お問合せ:

大学共同利用機関法人 人間文化研究機構

国際日本文化研究センター 管理部 研究協力課

610-1192 京都市西京区御陵大枝山町3-2

TEL:075-335-2073 / FAX075-335-2092

E-mail:cgjs*nichibun.ac.jp (* = @)

【開催案内・2020/11/6-8】
「国際新世代ワークショップ」を開催いたします

「国際新世代ワークショップ」を下記のとおり開催いたします。

 

The 3rd EU-Japan Young Scholars Workshop / 2020 International New Generation Workshop

Multiplicity and Diversity of Culture and Language: Japan in a Global Context

越境する日本語・日本文化──言語文化の多様性をもとめて

 

主催: 

アルザス欧州日本学研究所・法政大学国際日本学研究所・「国際日本研究」コンソーシアム

 

会期:  

2020116日(金)~ 8日(日)

 

開催形態: 

Zoomによるオンライン開催

 

開催時間: 

各日17:00 ~ 21:30(日本時間)

 

基調講演者: 

① 坪井秀人(国際日本文化研究センター教授)

② 鈴村裕輔(名城大学外国語学部准教授)

 

報告者: 

① Hidemasa ISHIGURO  (Institut National des Langues et Civilisations Orientales, France)

② Gad Hai GERSHONI   (Nagoya University, Japan)

③ Louise ROUSE     (Tokyo University of the Arts, Japan)

④ Kuriko SHINOZAKI   (University of Strasbourg, France)

⑤ Xiaoyao YE      (SOKENDAI, the Graduate University for Advanced Studies, Japan)

⑥ Zi WANG        (University of Duisburg-Essen, Germany)

⑦ Zhixi YIN       (Osaka University, Japan)

⑧ Silke R.G. HASPER  (Heidelberg University, Germany)

⑨ Mina BANG          (Osaka University, Japan)

⑩ Felipe Augusto SOARES MOTTA  (Osaka University, Japan)

⑪ Alexandra ROLAND   (University of Duisburg-Essen, Germany)

 

報告題目: 

プログラム・要旨集をご参照ください。

 

ワークショップの視聴: 

ご視聴をご希望の場合には、下記の情報を「国際日本研究」コンソーシアム事務局

cgjs@nichibun.ac.jp)までご送付くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

(1) 姓名

(2) メールアドレス

(3) 所属

(4) 参加予定(全日程あるいは一部。一部の場合、参加予定の日をお知らせください)

 

【関連資料】